• 川野

コロナ過における映画業界の対応

劇場映画の公開、そして製作の延期は映画業界全体に大きな影響を及ぼしています。

東京での自粛解除は4段階のステップで進む予定で、映画館は“ステップ2”になりますので、6月に入ってからということになります。

*東京都新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」


一日も早く映画館の賑わいが戻る事を願っていますが、ワクチンが開発されるまでの間、業界はコロナとの共存となり、厳しい状況は続きます。


映画製作、そして映画館の対応については以下となります。


【一般社団法人日本映画製作者連盟】

「映画撮影における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」

http://www.eiren.org


【全国興行生活衛生同業組合連合会】

「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

https://www.zenkoren.or.jp


5月14日に策定され、状況に応じて更新されていくようです。


元々、映画館の管轄は厚労省ということもあって、コロナ過の前から、感染症対策は万全でしたが、さらに強化されました。

字幕メガネの貸出も順次再開していくでしょう。


MASCとして今何ができるのか?

このブログを通して、活動報告をしていきますので、よろしくお願いいたします。

0回の閲覧
QR.png

©2020 NPOメディア・アクセス・サポートセンター

〒151-0061

​東京都渋谷区初台1-51-1 初台センタービル709

TEL 03-6300-7762 FAX 03-4243-2608