手話と字幕

聴覚障害といっても、ろう者、中途失聴者、難聴者とそれぞれ求める情報保障が違います。このサイトは「手話」と「字幕」の両方を付けるサイトの開発とその提供を行っています。

​第一弾として、文部科学省で配信されている「情報モラルに関する指導の充実に資する〈児童生徒向けの動画教材〉に対応しています。
​*スマホでの再生はできません。

【文部科学省のサイトより引用】

近年、児童生徒が、無料通話アプリやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、オンラインゲーム等の利用などを通じて、長時間利用による生活習慣の乱れや不適切な利用によるいわゆる「ネットの使い過ぎ」に陥ってしまったり、ネット詐欺・不正請求などの「ネット被害」、SNSによるトラブルなどに巻き込まれてしまう可能性が高まっています。本教材は、このような情報化の進展に伴う新たな問題に対応するための教材です。

教材① ゲームに夢中になると…

小学生、中学生が陥りやすいゲーム依存を取り上げながら、依存状態にならないためにはどうしたらよいか考えさせる。そして、自分の生活を振り返り、改善すべき点等を見直し、自ら節度を守り、節制に心がける態度を育てる。

スクリーンショット1.png

教材②身近にひそむネットの使い過ぎ

いわゆる「ネットの使い過ぎ」と呼ばれる状態に陥ることを未然に防ぐために、健康や社会生活等を意識しながら、インターネットの適切な活用方法を考えさせる。

スクリーンショット2.png

教材③ そのページ,確認しなくて大丈夫?

インターネット上には、無料を装って個人情報を取得するウェブサイトやアプリが存在することを理解させ、安全に賢くインターネットを利用する態度を育てる。

3.png

教材④ ネット詐欺等に巻き込まれないようにするために

ネット詐欺と不正請求の事例を基に、その問題点や安全に利用するためにはどのようにしたら良いかを考えさせ、インターネットを安全に利用できるようにするために必要な判断力を育てる。

4.png

教材⑤ 軽い気持ちのID交換から…

インターネット上で見知らぬ人とやり取りすることの危険性や、写真や個人情報を安易に提供することの危険性を理解させ、安全にインターネットを利用しようとする態度を身に付けさせる。

5.png